第3回コンクール 結果発表

総評

 第3回コンクールへの多数のご参加、ありがとうございました。

 今回は全国の図書館様や「公募ガイド」様のご協力もあり、非常に多くの作品が集まりました。
 ご協力頂いた皆様には、改めてお礼申し上げます。(→ 開催告知ご協力者様 一覧

 
 
さて、今回の入賞作品は7作品となります。

 優れた作品が多く集まったため、選考は前回以上に難航し、特に上位2作品は甲乙付け難く、最終的には「文章の巧さ」という一点で決定する“しかない“というほどでした。

 ぜひ各作品を読み比べて、視点や切り口、文体の違いなどを味わってください。
 また、作品を通じて興味を持った本がありましたら、実際にその本を読み、自分が抱いた感想やその読書を通じて得た経験と、作品のそれとの違いを楽しんでみてください。


-Sponsered Link-


最優秀賞

●七草すずめ「夏の日差しの向うに」(江國香織『すいかの匂い』)

※クリックすると別ウィンドウが開いて入賞作品を読むことができます。
※掲載作文の著作権は当コンクール主催者にあります。無断での転用・転載を禁じます。

 

優秀賞

●やすよ「大事な人がそばにいること」(こんのひとみ、いもとようこ『いつもいっしょに』 )

※クリックすると別ウィンドウが開いて入賞作品を読むことができます。
※掲載作文の著作権は当コンクール主催者にあります。無断での転用・転載を禁じます。

 

優良賞

●タカマリホコ「横道世之介という人」(吉田修一『横道世之介』 )

●新川瑶子「私が『 i 』から受け取ったもの」(西加奈子『 i 』 )

●さりー「母と娘」(湊かなえ『母性』 )

※クリックすると別ウィンドウが開いて入賞作品を読むことができます。
※掲載作文の著作権は当コンクール主催者にあります。無断での転用・転載を禁じます。

 

佳良賞

●バターコさん「びりっかすの神様を読んで」(岡田淳『びりっかすの神様』 )

●野々村務「童貞と『雪国』」(川端康成『雪国』 )

※クリックすると別ウィンドウが開いて入賞作品を読むことができます。
※掲載作文の著作権は当コンクール主催者にあります。無断での転用・転載を禁じます。

 


-Sponsered Link-